ホーム>よくあるご質問

よくあるご質問

目次

Q1.事務所への相談はどのように申し込むのですか?

あらかじめ、お電話にてご予約いただき、事務所に来所していただくことになります。

弁護士は、裁判や現地調査等で外出いたしますし、すでに相談や打ち合わせの予定が入っていますと、せっかく来所いただいても、残念ながら対応できないことがあります。

必ず、ご予約の上お越しください。

なお、ご予約やお問い合わせの電話番号と、電話受付時間は、下記のとおりです。

電話番号:072-751-2177

受付時間:9時~17時30分(月曜日から金曜日)

Q2.相談のときには、何を用意すればよいですか?

相談内容に関連するお手持ちの資料等は、できるだけお持ちください。

資料等をご持参いただくほうが、充実した相談が可能になるかと思います。

Q3.相談の費用はどうなっていますか?

30分 5,250円の相談料をお願いしています。

Q4.相談の結果、依頼する場合は、どのような流れになるのですか?

相談の結果、事件処理等の依頼をお申し込みいただいた方には、ご依頼にあたっての費用をご提案させていただきます。

ご承諾いただけましたら、委任状と委任契約書を作成し、着手金をお支払いいただいて、手続の開始となります。

Q5.依頼する弁護士費用は、いつ、どんな費用がいるのですか?

依頼に要する費用は、着手金、実費預り金、報酬金と、おおむね3つに分けることができます。

着手金とは、事件の手続に着手するときにかかる費用ですので、最初にお願いすることになります。初回相談時にお持ちいただかなくても構いませんが、お支払いいただいてからの手続開始となります。

実費預り金とは、事件の手続に必要となる印紙代、通信費、交通費等の費用の概算額をあらかじめお預りしてその中から使用し、事件終了時に清算する形のものです。

報酬金とは、事件が解決して、経済的利益を得たときや、事件の目的を達したときなど、その成果の程度に応じて、必要となる費用です。事件終了時にお支払いいただくことになります。

Q6.着手金や報酬金はどのような額になるのですか?

金銭請求の事件、不動産の明け渡しの事件、離婚、破産、刑事事件等、事件の種類、手続の内容によって異なります。

個別の事案ごとに、ご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ここでは大まかな目安としてのご説明となりますが、金銭の支払いが問題となる事件については、着手金は、経済的に争う費用の5%~15%、報酬金は10~20%程度が大まかな目安となります。

なお、弁護士費用の目安については、ケーススタディのページもご覧ください。

Q7.駐車場はありますか?

駐車場はご用意しておりませんが、サンシティの屋内駐車場など、近隣に時間貸しの駐車場が多数あります。

事務所案内のページにございます地図もご覧ください。

クイックリンク

池田第一法律事務所

〒563-0047 大阪府池田市室町1-40
ファーストセトビル 5F
TEL 072-751-2177 FAX 072-751-2533

Copyryght © 2009 by Ikeda First Law Office All right reserved.